鋳造技術

line.png

光洋鋳造の強み

光洋鋳造の強みである短納期は、次の3点が柱となって支えることで真価を発揮しています。これらの柱は光洋鋳造の強みそのものであり、他社様に対しても優位であると自負しています。

​社内で3D図面化

お客様より入稿頂く図面は2次元でお引き受けできます。これを社内で3次元化し、不備が無いかをチェックします。通常この行程を外注していたり、チェックの正確性が低い事でお客様とのやり取りの回数が増えてしまい、納期の遅れに結びついてしまいます。光洋鋳造では数多くの経験を積んだ専門スタッフが対応致しますので、スムーズなやり取りによって納期短縮に貢献しています。

​原型加工の自制化

光洋鋳造では、発泡スチロールの発泡模型加工を社内にてDNC加工機2台体制で臨んでいます。社内での発泡模型加工は、図面の段階で加工までを考慮した確認が出来る事を意味しており、お客様への確認ステップに無駄を発生させません。また社内体制の調整を含め1稼働日での加工を可能にするスピードも、短納期の実現を支えています。

cupora.jpg
大容量キュポラの保有

鋳造では一度に大容量の鉄を溶かすため、毎日流し込みが出来る訳では有りません。また、一度に溶かす事の出来る鉄の量によって生産能力が決まります。光洋鋳造では、7.5tの大容量キュポラを保有、月産で400tの生産能力を維持しています。従って、お客様の急なご注文にも対応ができ、迅速な製造による短納期の実現ができています。

treepointreson.png

発砲スチロールの原型制作

line.png

光洋鋳造では、3次元CADを使用した全自動DNC加工機を2台保有しており、様々な大きさの発泡スチロール模型を社内で自作する事が出来ます。